病気によるにおい

 すそわきが異臭を発するおりものは、子宮や卵巣の病気が原因していることも考えられます。これらの病気は、早めに発見し、専門医による適切な治療が必要です。また、定期的な検診で早期発見を心がけることも大切です。

 

膣、卵巣、子宮、卵管、外陰部、骨盤膜などに固いしこりのようなこぶのできる病気です。急性のものと慢性のものがありますが、ともに赤くなったり、はれたり、発熱や痛みといった症状が出ます。とくに、急性の卵巣炎と、それにともなって起こる骨盤腹膜炎という病気になると、高熱が出て激しい痛みを覚えます。また、生理のときに出血が多かったり、生理以外のときに出血があったり、あるいは固まった血液が出ることがあります。おりものの量も増え、悪臭を放つようになります。
腫などの腫壌は、初期の段階では、自覚症状もなく、見つけにくい病気です。思春期のときに、うまく生理の軌道にのれなくて発病する場合もあるようです。いずれにしろ、安静にして専門医の治療を受ける必要があります。悪化しているときは、腫れた部分の摘出手術をしなくてはいけません。

 

子宮がんは、女性のがんの%を占め、初歳代の後半から的歳代にかけてかかりゃすい病気です。不規則な出血が特徴ですが、おりものの量も増えます。ひどくなるとおりものがうみのようになり、悪臭を発します。これはがんの表面から出るリンパ液が、血液やその他の分泌物と混じって外へ出てくるためです。こんなときのおりものの色は、貰、茶、赤などです。
おりものの異常を発見したら、とにかく専門医の治療を受けることです。子宮からがんが転移し、直腸がんや勝脱がんに発展するおそれがあります。

 

 

 

膣の中はいつも酸性に保たれています。腫の中には、事i最菌のような細菌がいて、そのせいて官刻主に傾いているのです。このように醐主であることが、外からの他の細菌や異物などから臆をまもっているのです。ところが、この腫の中にタンポンなどを置き忘れると、腫をまもる細菌が正常に働かなくなって、大腸菌のような細菌が要観宣してしまいます。すると鼻をつく悪臭を放つようになります。それをそのままにしておくと、腫内の病気になりかねません。腫の中の正常な自浄作用を保っと同時に、病気を防ぐためにも、腫内はj青潔にしておきましょう。