おりものによる性臭

 性臭の原因には、女性特有の病気からくる場合があります。おりものが黄色っぽく、うみのようなものが混じり、ひどい悪臭をともなうようなら要注意。生理以外に出血することもあります。早めに医師に相談し、適切な処置が必要です。

 

カンジダ腟炎

 腫の中は、いつも強い酸性に保たれています。そこに、酸性の場所を好むカンジダ・アルビカンスというかびが繁殖することがあります。これらの菌が腫内に入ると、黄色っぽいおりものが出て、かゆみをともないます。さらに、汚れた下着の上から、汚れた手でひっかくと、大腸菌や雑菌が増えて、ますます悪化して、ひどくなるとただれてしまいます。
この病気は、子供や更年期以降の女性には少なく、思春期をむかえた直後の女性に多くみられます。また妊娠中は睦内の酸性度がより高まるので、性器をいつも清潔に保ち、菌がつくのを防ぎます。
湿気を好む病気でもあるので、通気性のよい下着をつけるのも予防の一つ。心配な人は、病院に行くと簡単に検査することができます。

 

トリコモナス腟炎

 炎の一つで、トリコモナス原虫が腫内に寄生して起こる病気です。この病気にかかると、腔の中は小さな泡を含んだうみのようなおりものがたまり、粘膜が赤くはれて、表面がざらざらすることがあります。これで腸脱炎を引き起こしてしまう人もいます。
症状としては性器のまわりがかゆくなり、ときには痛くなることもあります。セックスにより相手の男性に伝染します。この病気にかかったら、やはり病院でみてもらわなければなりませんが、治療はフラジ!ルという抗菌剤の内服薬やトリコマイシンという抗生物
質を使って行われます。

 

毛じらみ

 毛じらみは性器のまわりに発生し、強いかゆみがあります。虫の体の大きさは約1.5ミリ、陰毛に寄生し、卵を産みます。下着に血がついているときは、毛じらみを疑ってみること。
3本抜きとって卵がついていれば、それは毛じらみです。セックスによってもうつります。

 

知っておきたいすそわきが小話

肉好きの人に多いすそわさがわきがもそうですが、すそわきがも脂肪分を多くとるとにおいやすくなります。