すそわきがの原因

 女性の性臭(すそわきが)は、大きく三つに分けて考えられます。

 

まず一つは生理が関係したにおいです。二つ目にすそわきがと呼ばれるアポクリン腺のにおい、三つめが病気による膨からのおりもののにおいです。

 

1.生理
 生理のときは、確かに性臭は強くなります。もともと月経血そのものは、あまりにおうものではありません。血液の成分が酸素によって分解されたり、細菌が混じって血液の中で増殖したりすると、におうようになるのです。生理のときの出血は、ある程度腫の中にたまってから外に出てきます。外に出てくるまでに、すでに酸素や細菌の影響を受けているので、どうしても多少はにおいを発します。しかし、そのにおいはほとんど他人にはわからないはずです。

 

2.すそわきが
 生理中は陰部がむれやすく、アポクリン腺からの分泌も多くなります。また、性的に興奮すると汗や皮脂、それにやはりアポクリン腺からの分泌が激しくなり、においをともないます。でも、これは女性として、正常な反応。必要以上に気にすることは、ナンセンスです。
3.おりもの
 健康な状態でも、おりものはあるものです。正常なおりものは、わずかに甘ずっぱいようなにおいがして、悪臭とはいえませんが、それが不快を感じるにおいだったら、病気からくるものと考えたほうがよいでしょう。とくに、におうのは、トリコモナス睦炎(トリコモナス原虫が睦内に寄生して起こる病気)やカンジダ睦炎(カビによって起こる病気)です。雑菌や大腸菌などが腫内で増えて起こる病気もあります。また、生理のときに使用したタンポンの出し忘れや、セックス後、コンドームやペッサリーを出し忘れたまま、ほうっておくなど、異物が睦内にあると、においの強いおりものを出す原因になりまずから、十分に気をつけましょう。

 

 

すそわきがで悩んでいる人

 すそわきがで悩んでいる人は、どのくらいいるのでしょう。実は、正式なデータがないので詳しい割合はわかりません。ただ、病院を訪れる患者のアンケー卜調査によると、わきが患者全体の1.1%にしかすぎなかったという報告があります。わきがのメカニズムを考えると、わきが患者にすそわきがの人が多くても不思議ではないので与すが、その割合はかなり少ないといえます。
ただし、妊娠中や出産直後はアポクリン腺や皮脂腺からの介泌が活発になり、すそわきがが強くなる傾向はあります。生理的なものですから、あまり気にすることはありません。

 

 

>>すそわきが TOPへ<<