すそわさがの正しい知識と対策

デリケートゾーン

 

 わきがと同じく恥毛の密集している性器のまわりから、悪臭を発する人がいます。その悪臭をすそわきが、あるいはしもわきがと呼んでいます。しかし、わさがに比べ、すそわきがの人の割合は非常に少ないことがわかっています。自分の思い込みで「すそわきが」だと悩んでいる人も少なくありません。正しい知識を身につけ、きちんと対応することがまず必要です。

 

すそわきかの原因は?

 陰部はわきの下と同様に、毛の密集している部分です。毛のあるところには、皮脂腺やアポクリン腺が多くあるので、毛の多い陰部もそれらからの分泌物が多い場所といえるわけです。また、陰部はいつも下着に包まれているため、汗をかきやすく細菌も繁殖しやすい条件がそろっています。つまりいやなにおいを発する原因がわきがと同じにあるわけです。その場所が陰部に移ったと考えてください。

 

すそわきが対策!

 簡単に行えるすそわきがの治療法の一つに、薬を使う方法があります。しかし、原因がわきがと同じだからといって、わきがに使う薬をそのまま使うわけにはいきません。
陰部のまわりはとてもデリケートです。うっかりわきがの薬を使ったりすると、性器のまわりや腫の粘膜を傷めて、後悔することになりかねません。すそわきが用の薬には、スプレー式やナプキン式など、何種類かが市販されています。
輸入品と日本製がありますが、どの薬も皮膚に刺激が強すぎないようにできています。
しかし使用の際には、一応病院で医師に相談するか薬局で尋ねてみるとよいでしょう。どの薬を使用する場合も、十分に説明書を読んでから、誤りのないように使いましょう!

 

すそわきがの手術

 すそわきが(裾腋臭)で病院に相談にくる人のほとんどが、自介が気にするほどにおいのない人です。あったとしても、薬を使った治療て解決できます。わきが同様に、スソワキガノイローゼのような、精神的な面からにおいを気にしすぎているケースが多いのです。しかし、どうしても悪臭が強〈、悩みが深刻なときは、手術という方法があります。手術の方法は、わさがの手術とほぼ同じ。場所がわきの下から陰部になったと思ってさしっかえありません。ただし、手術をするような悪臭を発する人は、本当にまれです。十分にお医者さんと相談してから決定しましょう。
ただ、スソワキガの手術をするとなると高額でもありますので、まずは簡単なすそわきがの石鹸を使ってみて対策しましょう。